CODE

独習git アウトプット(1~3章)

本日はgit独習の1~3章の内容をまとめていきます。
この記事を読む事で、ざっくりとgitとは何なのかを知る事ができるようになります。

では内容を見ていきましょう。

 

gitとは

gitとは分散型のバージョン管理システムです。
この分散型と言う部分がgitの一番の強みです。

旧来のバージョン管理システムでは、コードをサーバーに置いてアクセスする形を取っていました。
リポジトリにアクセスするためにサーバーと接続する必要があるので、大規模開発の際にサーバーの負荷が高まると言う問題がありました。

 

一方、gitは分散型を取っているので、リポジトリにアクセスするためにサーバーへの接続が不要です。
開発者各自にリポジトリを与える事で、分散型を実現しているのです。

 

 

gitとバージョン管理の概要

ここからバージョン管理の概念と、管理を実現するためにgitが用意している機能について紹介します。

バージョン管理とは

バージョン管理とは、ファイルに対して行った変更の履歴を追跡して管理を行う事です。
さらに言うと、ソフトウェアの様々な版を追跡管理するのがバージョン管理です。

ソフトウェアを作成するにあたって、生まれる様々な版を管理しておきたいのです。

例えば、顧客に渡す完成版だったり、新たな機能を備えた修正版などがありますよね。
それらを分けておくことで修正が必要な際に助かりますね。

リポジトリ

リポジトリとは、ファイルを保存するストレージ領域です。
要は、作成したファイルを置いておく倉庫の様な場所です。

バージョン管理を行いたいプロジェクトのファイル全てが1つのリポジトリに入る形になります。

コミット

コミットとは自分のファイルに対して行った変更を、元のリポジトリに保存する事を意味します。

 

ブランチ

ブランチは開発での経路を意味します。
ブランチを使う事で、開発してきた内容をコピーできる様になります。

ブランチがあることで、自分用のファイル、顧客用のファイル、バグ修正用のファイルみたいに分けて管理できる様になりますね。

 

ステージングエリア

ステージングエリアがgitに存在することで、コミットしたいファイルのみ選択できる様になります。

ステージングエリアから変更を取り消したり可能なので、誤って変更した部分など簡単に戻せますね。

gitの基本的なコマンド

gitで使う基本的なコマンドを抑えていきましょう。

gitのコマンドライン構文

こちらがgitコマンドラインの構文になります。

git  [スイッチ] <コマンド> <引数>

gitが先頭にきて、オプションであるスイッチ、コマンド、引数という順で並びます。
オプションの場所はコマンドの後に来ることも多いです!

使用例はこちらになります。

git  -p(スイッチ) config(コマンド) -global user.name “naoki” (3つの引数)

-pはオプションになっているので、必ずしも使用する必要はありません。
オプションであるスイッチを使う際は、ー か ーーで始まります。

ハイフン1つか2つの違いは、オプションの名前が省略かどうかです。

例えば、全てを選択したい時に使うallオプションでは、

省略形の際は、 -a
省略しない場合は –all

の様になります。

 

git help

git helpを使うことで、最も一般的に使われるコマンドを表示してくれます。

また、以下の様に打つことでgit コマンドの使い方を示してくれます。

git help コマンド名

例えば、git help branchで打つと
git branchの使い方から、使用可能なスイッチ、引数まで示してくれます。

git コマンドの使い方が分からない時はまず、git helpで見るのがいいかもしれませんね。