Linux

Linuxの構成ファイルとディレクトリを理解しよう

今回はLinuxを構成しているファイルの理解を深めていきます。
Linuxで扱う文書、画像などなどは全てファイルで管理されます

さらにLinuxのシステム全体もファイルが割り当てられています。
上記のように,全てがファイルとして表現されているので、
ここで理解を深めてLinuxに強くなりましょう!

本記事は以下の内容になっています。

 

ディレクトリの構造と役割

ディレクトリの構造と各ディレクトリの役割について説明します。

まず、ディレクトリとはファイルを整理するための入れ物です。
普段から耳にする事が多いフォルダと同意です。

Linuxでは全てがファイルとして表現されことで、ファイル数が膨大になるので、
整理する必要があります。

ディレクトリが存在することで、ファイルの役割ごとに整理してくれています。

Linuxのディレクトリ構造

linuxの構造は以下のようになっています。

ルートディレクトリと呼ばれる / が頂点となり、
下に階層構造が存在しています。

ちなみにこのような階層はディレクトリツリーと呼ばれています。
以下のコードで確認できるので試して見てください。

$ tree -f / -L 1 -d

 

各ディレクトリの役割

ディレクトリツリーで見たように、ルートディレクトリが頂点となりに、
その下にbinなどをはじめとするディレクトリが並んでいますよね。

ここからは、主要なディレクトリに注目してどのような役割があるか見ていきます。

/bin

一般ユーザーと管理者ユーザーが利用するコマンドの実行ファイルを置いておくディレクトリです。

コマンドの実行ファイルとは、lsやmkdirなどを始めとるコマンド操作を可能にしてくれるファイルです。
binの中身を確認すると、下記のようにlsやpwdなどはいっていますね。

このように,binにはLinuxの動作に必要な、重要なコマンドが格納されています。

/dev


デバイスファイルを格納するディレクトリです。

デバイスファイルとはキーボードなどのハードウェアをファイルとして扱えるようにしたファイルです。

/etc


Linuxでの設定ファイルをおくディレクトリです。

各種アプリケーションの設定ファイルである、コンフィグファイル、
またLinux自体の設定ファイルも入っています。

めちゃくちゃ重要なディレクトリですね。

/home


ホームディレクトリが振り分けられるディレクトリです。

home直下には自動的にユーザ名と同じ、ホームディレクトリがあります。

そして、このホームディレクトリ内では自由にディレクトリを作成可能です。

mgk1998と言うユーザーの場合、homeの直下にmgk1998と言うホームディレクトが作られています。
ホームディレクトの中にデスクトップとか自作したディレクトリがある感じですね!

/tmp


一時的なファイルを格納しておくディレクトリです。

テンポラリーと言う単語の略ですね。

例えば、mysqlのソケットファイルとかが入っていたりします。
名前の通り、一時的なので一定時間経過すると削除される事があります。
要注意ですね。

/user


各種アプリケーションとそれ関するファイルをおくディレクトリです。

追加で入れたアプリの実行ファイルやドキュメントなどが置かれます。

例えば、ruby,rails,とかが追加アプリケーションに当たります。(これら以外にも無数にあります)

下記のディレクトリツリーを見ると、usr以下のサブツリーとして、
binが再びいますね。

/user/binを覗くと、railsなどのファイルが置かれています。
このbinにアプリケーションの実行ファイルが入っているので、
使えるって感じですね!

/var


変化するファイルが置かれるディレクトリです。

variableの略ですね。

例えば、アプリケーションを動作した際のログファイルが置かれています。

ディレクトリを操るコマンド

ディレクトリの役割をつかむ事ができたでしょうか?
ここからはディレクトリを操るコマンドを見ていきます。

ディレクトリの移動とディレクトリの中身を見るコマンドの2つを深掘ります。

 

cdコマンドでディレクトリを移動

cdコマンドはディレクトリ間を移動するために使います。
一つ前の復習にもなりますが、/usr/bin/cdというファイルが存在しているために、
使えるコマンドになっています。

使い方は 、以下です。

$ ls 見たいディレクトリのパス

相対パスか絶対パスのどちらでも大丈夫です。

ではDesktopに移動したい例を見ていきましょう。

$ cd /home/user名/Desktop

 

またcdに対して何も指定しない or cd ~で、ホームディレクトリに移動してくれます。
下記コマンドで/home/user名のディレクトリに来てくれると言うことです。

$ cd 
$ cd ~

便利なので積極的に活用していきましょう。

lsコマンドでディレクトリの中身を見る

lsコマンドを使うことで、ディレクトリの中身を見れます。

使い方は以下です。

$ ls 見たいディレクトリのパス

非常にシンプルです。

便利な機能をもつ *も確認しましょう。
下記のように文字列に*を加えることで、その文字列をもつファイルのみ見る事ができます。

$ ls ba*

他にもオプションなどをつける事で、表示方法などを変更できるので気になる方は調べてみてください!

終わりに

Linuxのディレクトや操作の仕方を理解する事ができたでしょうか?
エンジニアになるに当たり、必須の知識になるので今後も学んでいきましょう!