未分類

git rebaseのユースケース

git rebaseとは

commitの書き換えを行う事が可能。並び替えたり、変更、削除が可能。

git rebaseのユースケースは以下の二つ。

  • 上流ブランチの変更に追い付きたい時
  • コミットを整理したい時

上流ブランチの変更に追いつく

あなたがトピックブランチを作成した際の、元となるブランチに変更が加えられた時に追いつく事が可能です。

例えば、a-b-cのコミットからなるマスターブランチから、new_feautureブランチを作成したします。
new_feautureで作業している途中にマスターに変更が加えられると、fast-forwardブランチが不可能になってしまいます。

そこで、git rebaseを使う事で上流の変更をnew_feautureに取り込めます。
new_feautureブランチで以下のコマンドを打つだけです。

git rebase master

 

注意として、rebaseでコンフリクトが起きた場合、解消後はコミットではなく、
git rebase –continue をうつ!

 

コミットを整理する

git rebase に-iオプションを作ることで、リベースするコミットを整理整理することができる。

git rebadase -i

コマンドを打つと以下のような画面がvimで立ち上がる。

独習Git  引用

 

ここでrebase するコミットに対してどのような処理を行うか選択できる。