HABIT

ウィルパワーを鍛えて習慣形成を成功させよう!

うっすマンゴクです。

本日は習慣形成を成功させる上で鍵となる、ウィルパワーという概念について説明します。
何それと思う人は多いと思いますが、メンタリストDaiGo著の「自分を操る超集中力」と言う、書籍でウィルパワーが集中力の鍵として紹介されていました。

ウィルパワーを一言で表すと、脳の筋肉。
筋肉が体を動かすように、ウィルパワーは思考、我慢、意思、集中力などを操ります。

習慣形成を行う上でウィルパワーはかなり重要です。
なぜなら、ウィルパワーが不足することで自分のコントロールを失い、悪い習慣を引き起す可能性があるから。

本文では、

  • ウィルパワーって何?
  • 習慣形成を行う上でのウィルパワーの重要性
  • ウィルパワーの鍛え方

を紹介していきます。

習慣形成に取り組んでいる方は、ウィルパワーと言う概念を知ることはプラスに働くと思うので、ぜひ読み進めてください。

ウィルパワーって何?

ウィルパワーは一言で説明すると脳の筋肉です。
筋肉が体を動かす様に、ウィルパワーは思考、我慢、意志、集中力などを操ります。

また、筋肉を使いすぎると動けなくなる様に、ウィルパワーの量も限りがあります。
加えて、ウィルパワーは鍛える事ができて、僕たちの生活にプラスの影響を与えてくれます。

決断する時、我慢する時、考える時、集中時にウィルパワーは主に使われています。

何かやらないといけない事をいつやろうかと迷ったり、好きな子に告白しようか迷っていると、すごい疲れた感覚になりません?
ダイエットをしていて、目の前にある食料を我慢したり。ゲームを長時間やった後とか。

なぜなら、それらの動作でウィルパワーが消費されているからです。
そして、多くのウィルパワーが消耗されることで、習慣形成に負の影響を及ぼします。

一方で、ウィルパワーを鍛えることで、習慣形成を成功させる大きな要因ともなります。

この様にウィルパワーは習慣形成を失敗させるか成功させるかを決める鍵となる概念なのです。

習慣形成を行う上でのウィルパワーの重要性

ウィルパワーは思考、我慢、決断、集中などによって消費される事は理解してもらえたでしょうか。

では、なぜ習慣形成を行う上でウィルパワーが重要なのでしょう?

その理由は、ウィルパワーが消費されて限界を超えてしまうと、自分のコントロールを失ってしまうからです。
このコントロールを失っている状態を自我消耗と言います。

ウィルパワーを使い切り自我消耗に陥ることで、マイナスな影響はこちらです。

  • ウィルパワーを必要としない悪い習慣を行ってしまう
  • ちょっとした衝動に我慢できなくなる
  • イライラして人への反応が悪くなる

仕事、アルバイト終わりに、ウィルパワーを使い切った状態で帰宅した際、
良い習慣を実行すべきなのに、悪い習慣を行った経験はないでしょうか?

良い習慣を形成する段階では、意識して行う必要があるので多くのウィルパワーを必要とします。
しかし、悪い習慣は無意識で行われるレベルにあるためにウィルパワーは消費されません。

よって、自分のコントールを失う自我消耗に陥ると、考える事なく行える悪い習慣が実行されるのです。

ウィルパワーの鍛え方

ウィルパワーが不足すると自分のコントロールを失い、悪い習慣を行ってしまう。
では、ウィルパワーを鍛えることで量を増やせば、自分のコントールを強めることができますね。
よって悪い習慣に陥らずに、良い習慣を育てて行く事が可能になります。

そこで、ウィルパワーを鍛えるには、普段我々が無意識に行っている動作に対して、意識的に注意を向けるという方法があります。

この方法はセルフモニタリングと呼ばれており、DaiGoの「自分を操る超集中力」で紹介されています。
やり方は非常に単純で、自分が無意識に行っている動作を挙げて、意識して行動するだけ。

DaiGoはセルフモニタリングとして、自分の姿勢に注目するという事をおすすめしています。
普段姿勢って意識する事が無いので、かなりの集中力が必要となりウィルパワーが鍛えらるそうです。

無意識で猫背になっていたら、背筋を伸ばしてみましょう。

他にも、歯磨きの際に磨くスタートのポイントを意識したり、食事の噛むスピードを意識したり。
ウィルパワーを鍛えるチャンスは生活の中に山ほど眠っています!

まとめ

今回の記事では、習慣形成を成功させる上で鍵となるウィルパワーについて説明してきました。

ウィルパワーは脳の筋肉と呼ばれ、思考、我慢、意識、集中力を操るんでしたね。
また、使えば使うほど消耗するし、鍛えて量を増やす事もできる。

ウィルパワーが枯渇すると、自分のコントロールを失い悪い習慣を行ってしまう。
しかし鍛えることでウィルパワーを味方に付ければ習慣形成を成功させるチャンスを得られるのです。

普段意識しない事にも注意を向けて、ウィルパワーを鍛えていきましょう。
そして、良い習慣ゲットしましょう!