LIFE

ノーベル賞受賞者が考え出した最強の学習方法!ファイマンテクニック

うっす、マンゴクです。

最近勉強したのにもう内容忘れちゃったわ。。
自己啓発本読んで感化されたけど自分に何も変化起きてないな。。

みなさんはこんな思いを抱いた事はないでしょうか?

今日はこのような悩みを持つ方に向けて、人生に大きな効果をもたらす学習方法を説明していきます。

どうして学習した内容をすぐに忘れたり、自分に変化を起こせないのか?
それは学んでいる内容を深くまで完全に理解できていないから。

学習した内容を完全に理解して、学んだ知識が自分にとって当たり前になった時に初めて効果を発揮するのです。

今回は、ノーベル物理学賞を受賞しており、教えの達人とも言われていたファイマンさんが確立したファイマンテクニックという学習方法を紹介していきます。

学習方法としてファイマンテクニックを取り入れるだけで、理解のレベルがグーーンと上がるので、この機会に学んでいきましょう!

ファイマンテクニックで完全なる理解を手に入れよう

まずファイマンさんとは誰か?
1965年にノーベル物理学賞を受賞した超天才と言われていて、教えの神としても知られている方です。
めちゃくちゃ難しい理論でも、誰でも分かるように説明できたそうです。

そんな天才ファイマンが編み出した学習方法がファイマンテクニック。
4つのステップて構成させており、教えるという行動が鍵になっています。

ところで、知識には2つのレベルがあると知っていますか?

  1. 知識の名前だけを知っている
  2. 知識を完全に理解している

多くの人は上記のレベル1で止まるのですが、ファイマンテクニックを活用することで、
レベル2の完全なる理解まで上げることができます。

ファイマンテクニックと聞くと難しそうに思えますが、ノートとペンだけ今すぐ始められるのです。

それではファイマンテクニックの4つのステップを学んで、効果的な学習方法を身につけていきましょう!

学びたいコンセプトをノートに書く

まずファイマンテクニックの第1ステップとして,あなたが学びたい内容をノートに書きましょう。
そして、ネットや本などで学習した情報がある程度集まったら、それらの内容もノートに書き出していきます。

例えば、良い習慣の作り方を学ぶと決めたとします。
そうしたら、ノートにテーマを書いて、習慣について学んだ内容を簡単に書き上げます。

最初のステップはこれだけです。楽勝ですよね!

小学6年生でも分かるように簡単な言葉で説明

ファイマンテクニックのステップ2として、ステップ1でノートに書いた学習内容を
小学6年生でも理解できるように説明していきます。

やり方としては、説明内容をノートに書くでも良いし、誰かに直接説明するのどちらでも問題ないです。

なぜ小学6年生でも分かるように説明するのか?
彼、彼女らは難しい言葉を知らないので、簡単なワードで説明する必要がありますよね。

ファイマンテクニックによると、完璧に学んだ内容を理解している事とは
専門用語を使わずに、誰もが分かるように説明できる状態だそうです。

よって、
小学6年生でも分かる説明ができる=完璧に理解を深めている という事なのです。

では、習慣の例として、
「ウィルパワがー減ると自我消耗に陥り、悪い習慣に流れてしまいます。」と説明したとします。

これは誰も理解できないですよね。

1つ1つの単語の意味を分かりやすく分解して、なぜ、どのように生じるかといった所まで
理解する必要があるのです。

理解できていない部分を見つけ、学び直す

ファイマンテクニックのステップ3では、自分が理解できいない部分を見つけ、
学びを直していきます。

ステップ2で、難しい言葉を使っていたり、言葉に詰まっていたら、
それは学習内容を深くまで理解できていないサインです。

学習内容の理解できていない部分を補うために、本やネットで知識を増強しましょう。
そして簡単に説明できるようにするのです。

習慣の例ならば、

ウィルパワーが減ると自我消耗に陥り、悪い習慣に流れてしまいます。

物事を判断したり、思考すると脳のエネルギーが減って、正しく考える事ができなくなる。
よって、悪い習慣を起こしてしまうのです。

理解できていない部分を見つけて、さらに学び直すことで誰もが分かる説明に近づいていきます。

再び紙にまとめて説明してみる

ここまでくれば、ノートには学習した内容が細かく書かれているでしょう。
ステップ4では、学習内容をもう1度まとめて誰にでも分かるように説明します。

ここをクリアできれば、あなたは完璧な理解を手にしています。

僕はステップ4として、このブログを活用しています。
ブログで説明することを決めると、分かりやすい内容が必要がなので、
学習も自然と深まっていきます。

実際に誰かに説明したり、人に見せずにノートにまとめておくのでOKです。

まとめ:教える事を前提に学習していこう

ファイマンさんが考え出した、ファイマンテクニックという学習方法を知ってもらえたでしょうか。

このファイマンテクニックでは、誰にでも分かるように説明できるようになる事が1番のキーポイントでしたね。

学んだ内容をノートにメモするだけも効果はありますが、説明するというアクションを加えるだけで、学習の深さは大きく変わっていきます。

説明したファイマンテクニックも名前を知っているだけでは意味ないので、完全に理解して、学習の際に活用してみてください!

では!