HABIT

読書で得られる3つの効果!本で人生を楽にしていこう

うっす、マンゴクです。

読書を勧められるけどめんどくさいんだよなー
読書をする意味が分からないわーー

このように、読書をした方が良いと言われるけど、なかなか行動に移せないという人はいるのではないでしょうか。

今回はそのような方に向けて、読書を習慣にすることで得られる効果を紹介していきます。

読書は頭を鍛えることで、人生をより豊かに生きるチャンスを与えてくれるツールです。
筋トレを行う人が、重いダンベルを上げられるようにトレーニングするのと同じく、
人生で起こる様々はハードルを乗り越えるために、読書を通して頭を鍛えておくと良いのです。

ある調査では、自分の力で富豪になった人の75%が、1ヶ月に最低2冊の読書を行う習慣を持つ事が明らかになったそう。

読書を習慣にする事はメリットしかないので、どのような効果があるか理解し行動に移してみましょう。

読書を始める際のコツはこちら。

誰でも簡単に読書を始められるようになる3つの心理学テクニック うっす、マンゴクです。 今回は読書を楽に始めるためのテクニックを紹介していきます。 Improvement PillというYou...

読書を始めることで複数の習慣に効果を与える

読書を習慣にすることで、日常生活の多くの部分に良い効果を与えられると言われています。

習慣は大きく分けて2種類あります。

  • 習慣にした行動自体に効果を与える習慣
  • 1つの行動で日常生活の多くに効果を与える習慣

生活の多くに効果を与える習慣を、キーストンハビットと呼びます。

人生をあっ!と言う間に変える、たった3つの習慣うっす、マンゴクです。 今回は、人生を変える可能性を持つ習慣について説明します。 習慣の重要性や形成方法は理解したけど、今の...

読書はこのキーストンハビットに当たるのです。

 

2種類の習慣をある例えで説明します。
朝の着替えを行う際に、まずズボンを先に履くという習慣があったとします。
着替えるという観点では、何らかの影響があるかもしれませんが、他には何も起きないですね。

一方でキーストンハビットである筋トレを習慣にしたとします。すると、見た目を気にし始めて、食生活、ファッション、美容などにもプラスの効果を与え始めるのです。

このように1つの習慣から、複数の習慣に影響を与え始めます。

キーストンハビットである読書を習慣にする事で得られる効果の例はこちら。

  • 本で学んだ早起き方法を実践して生活習慣UP
  • 読書の時間作るために、携帯を使う時間が減る
  • 本に投資するためにお金の使い方が変わる
  • 読書内容を発信するためにライティングも学び始める(自分)

読書という1つの習慣を身に付けるだけで、多くの習慣に対して効果があるって最強だと思います!!

直面している問題を解決できるようになる

読書を通して、人生で直面する問題を解決するチャンスを得られるという効果があります。
普段生活している中で、人間関係、仕事、食生活、運動など様々な問題が生じますよね。
どうしたらもっと上手く話せるか、どうしたら痩せられるかなど。

自分で考えて解決していく事も可能ですが、
その道のプロフェショナルから解決策を学んだ方が明らかに効率的だと思いませんか?

そんな専門家が考え出した解決策を手軽にゲットできてしまうのがなのです。

本は何らかの分野を専門に研究していたり、すでに成功している人達によって書かれています。

専門家は1つの問題に膨大な時間をかけて、考え、実験、調査をして解決策を導きます。
また、その道で成功している人達は自身の経験を通して、上手くいくノウハウを持っています。

自分で問題を考えるよりも、本を通して、膨大な時間をかけて学んでいるプロフェッショナルの知恵に触れてた方が問題解決はしやすそうですよね。

僕は習慣を形成する事が苦手という問題に直面していたので、
本を通して解決方法を学びました。

ブログを習慣にできている事からも、本の効果をめちゃくちゃ感じています!!

人生の選択肢を広げる

読書を習慣にすることで人生の選択肢を広げるという効果があります。

なぜなら読書を通して、
自分よりも遥かに長く行きている人、価値観が異なる人、生まれや育ちが異なる人などの人生に触れる事ができるからです。

このブログを読んでいる方は、若い年齢がメインだと思いますが、
正直、20年くらい生きただけで、人生でどんな選択をするべきなんて分からなくないですか?

良い人生を送りたいという思いが根底にあるとしたら、選択肢が多い方が
満足できる決断に至れる可能性は高いですよね。

そんな人生の選択肢を、読書を通して学べるのです。

「あの人は就職する際にこんな考えを持ってやっていたのか!」
「大きな決断をしないといけない時は、これを基準にして決めるのか!」

などの選択肢の発見があります。

僕は、岡本太郎著の”自分の中に毒を持て”という本を読んで大きな影響を受けました。

  危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。本当はそっちに進みたいんだ。だからそっちに進むべきだ。

この考えは僕の人生の選択肢を大きく広げてくれています。

選択を決めて正解にしていくのは自分自身ですが、選択肢は外の力を
利用してもいいと思います。

まとめ:読書の効果はヤバイ

ここまで、読書を習慣にする事の効果を説明してきました。

  • キーストンハビットである読書は、生活の多くに影響を与える。
  • プロフェッショナルが考えた問題解決方法を学べる
  • 自分以外の人生に触れて選択肢を広げられる

読書を行う効果は理解してもらえたかと思います。
どのような理由でもいいので、読書を習慣にしてみる事をお勧めします。

また、読書を習慣にする方法を説明した記事も参考に。

誰でも簡単に読書を始められるようになる3つの心理学テクニック うっす、マンゴクです。 今回は読書を楽に始めるためのテクニックを紹介していきます。 Improvement PillというYou...

では!